ハーレクイン・ロマンス

ロマンスといえばハーレクインシリーズ、その中でもハーレクイン・ロマンス。これを読まずに眠れない。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

罠に落ちた花嫁 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
母を亡くしたリサは両親の離婚で生き別れた兄のマークを頼り、三歳のときに渡英して以来、十七年ぶりでアメリカの土を踏んだ。リサはケネディ空港で兄を待ったが、彼女の前に現われたのは、兄の会社を傘下に収めた若手実業家ソーン・ランダーズだった。マークが海外出張している間、ソーンがリサの面倒をみるという。ほかにあてもなく、彼女はソーンの言葉に従うしかなかった。リサはソーンの案内で初夏のニューヨークを満喫し、冷徹さとやさしさの同居するソーンにぐいぐい惹かれていく。そして会って三日目、思いがけないプロポーズを受けたリサは、ソーンの性急さに不審を抱くが、愛を貫いて結婚に踏み切った。だが、リサはハネムーン先の小島で恐ろしい事実を知る。彼が私と結婚したのは、復讐の道具に使うため…。

苦い別離 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
「ぼくたちは、やり直すべきだ」突然現れた別居中の夫ジェレドの言葉に、テレーザはうろたえた。わたしが家を出て一年半もたつというのに、いまさら会いに来て、そんなことを言いだすなんて!ふたりは出会ったとたん恋に落ち、三カ月後には挙式した。しかし、幸せな結婚生活は長くは続かなかった。夫には愛人がいたのだ。こちらを見つめる彼の瞳にはまだ情熱が宿っているけれど、わたしはもうこれ以上傷つきたくない。テレーザは彼から逃れようと、一歩あとずさった。

内容(「MARC」データベースより)
突然現れた別居中の夫ジェレドにやり直そうと言われ、テレーザはうろたえた。ふたりは出会って3ヵ月後には挙式したが、幸せは続かなかった。夫には愛人がいたのだ。もうこれ以上傷つきたくない。テレーザは一歩あとずさった。

罪深き美女 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
南太平洋に浮かぶ島のリゾートホテルで働くアリーは、新しいオーナー、スレイドの冷酷な態度に困惑していた。アリーが彼の継母を恐喝したと誤解しているのだ。だがそんな態度とは裏腹に、向けてくるまなざしは灼熱の太陽のように熱い。ある日スレイドは、経営不振のリゾートホテルを存続させて島民を救う見返りに、愛人関係を結べと言ってきた。「なにも、きみは可憐で無垢な乙女じゃないんだし」軽蔑の言葉が発せられた次の瞬間、彼の唇が重なった。

内容(「MARC」データベースより)
南太平洋に浮かぶ島のリゾートホテルで働くアリーは、新しいオーナー、スレイドの冷酷な態度と、裏腹な熱いまなざしに困惑していた。ある日スレイドは、リゾートホテルを存続させる見返りに、愛人関係を結べといってきた…。

三年目の嘘 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
アビーは世界をまたにかける報道写真家で、賞も獲得し、その世界で名を馳せつつあった。だが、そんなアビーにも気がかりが一つ―夫グレイとの関係だ。彼は頭の切れる弁護士で、しかもハンサムこの上ない。二人とも、アビーが成功するまでは別々の生活にも耐えるつもりでいた。しかし三年たつと、離れ離れの時間が二人に重くのしかかる。ある日、取材旅行はやめて子供を作ろうと決心して帰国したアビーを、思いがけない事件が襲った―夫に愛人がいる。しかも子供まで。これを世間にばらせば、夫に復讐できる。夫に未来はない。だがアビーはすんでのところで思いとどまった。私が去ればいい。仕事を理由に海外へ逃れたアビー。けれどなぜか彼は追ってきて…。

略奪結婚 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
カサンドラは胸騒ぎがしてならなかった。社長のラングに呼びつけられて、フィアンセのアランとともにアメリカまでやってきたが、なぜか不安が胸を去らない。着いた翌日には、昇進をほのめかすラングの指図に従い、アランは嬉々として出張に行ってしまった。その上、せっかくだから観光してはというラングの提案で、ラスベガスへ行くことになった。二人きりで…。向こうでアランと落ち合うというけれど、それまでのほんの二日がなぜこんなに不安なのかしら。何かを胸に秘めているようなラングにおびえながらも、カサンドラは正面から事態に立ち向かおうと決意した。一週間たてば、晴れてアランと幸せになれるのだから。

聖夜に誓いを (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
出会って一瞬で惹かれ合う恋なんて、初めてだった。ウィンドーディスプレイのデザイナーであるジャスミンは、デパートのオーナー一族の御曹子カイドと恋に落ちた。エレベーターの中での狂おしいキス。性急なふれあい。二人の情熱は永遠に続くかに見えた。だが、カイドが望むのは彼のために仕事を捨てる女性だと言われ、ジャスミンは涙をこらえて去るしかなかった。四カ月後、彼女の職場にカイドが現れる。ジャスミンは胸を弾ませて駆け寄ったが、カイドが訪れたのは、和解するためではなかった。

内容(「MARC」データベースより)
カイドが望むのは彼のために仕事を捨てる女性。ジャスミンは涙をこらえて彼のもとを去った。4カ月後、彼女の職場にカイドが現れる。だが、それは和解するためではなかった…。

花嫁と呼ばれる日 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
五歳の息子マットを幼稚園に迎えに行った帰り道、停車中の赤いフェラーリから降り立った男性を見て、スカイは凍りついた。歳月を経ても、魅力的な姿は見間違いようがない。ルチアーノだ。六年前、スカイはイタリア名家の長男である彼と愛し合っていた。だが彼の弟が、自分もスカイと関係を持っていると言いだし、彼女には身に覚えのない証拠写真まで持ち出してきた。弟を信じたルチアーノは、罵声とともにスカイを捨てたのだ。その彼が、いったいなぜここにいるの?スカイはパニックに襲われ、隣にいるマットの手を握り締めた。ルチアーノに生き写しの、息子の手を。

内容(「MARC」データベースより)
5歳の息子マットを幼稚園に迎えにいった帰り道、停車中の高級車から降り立った男性を見て、スカイは凍りついた。六年前に別れた、イタリア名家の長男・ルチアーノだ。スカイは思わず、彼に生き写しの息子の手を握り締めた。

誕生日に届いた花嫁 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
独身生活を謳歌するベンチャー投資家のジョー・ロマーノは敬愛する祖母ノンナから誕生日祝いとして女性料理人を紹介された。ジョーはまた花嫁候補を押しつける気かとうんざりしたが、その女性が男性嫌いだと聞き、祖母のプレゼントを受け入れる。翌朝、彼の家を訪ねてきた料理人ルシンダ・バリーは、修道女のようにきまじめな、ぱっとしない女性で、目玉焼きも作れない“にせ料理人”だった。経済的に行き詰まっていたルシンダは、ノンナの仲介で、住み込みの料理人という願ってもない仕事に飛びついた。雇ってもらおうと必死のルシンダを見ているうち、ジョーは、彼女のとんでもない正体に気づいた。昨夜のパーティの余興で見たTバックの水着姿の女性だ。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
マートン,サンドラ
アメリカの作家。少女のころから書くことが大好きで、早くからラヴ・ストーリーを書いていた。ロマンス作家としてのデビューは1986年。その後次々と作品を発表している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブーケの予言 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
アンは結婚式などのビテオ撮影を請け負うフリーのカメラマン。ある日、撮影に訪れた教会で、マーク・レインと出会う。彼は魅力的だったがどこか陰があり、笑顔を見せなかった。その夜、アンは撮影済みのビデオテープを紛失し青くなるが、幸い、テープを見つけたマークが自宅まで届けてくれた。二週間後、二人は思いがけず、美しい海辺の町で再び会う。ある推理作家のインタビュー撮影を引き受けたところ、その作家というのが、マークだったのだ。パソコンの操作をアンに教わり、窮地を救われたマークは、執筆中の作品が完成するまで手伝ってほしいと申し出る。彼に惹かれ始めていたアンは快諾し、滞在を延ばした。だが、マークには美しい婚約者と、一人の息子がいた…。

結婚の真実 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
サラはロンドンでの暮らしを楽しんでいた。満足のいく仕事も手に入れ、すばらしい友人にも囲まれている。半年前までのみじめな結婚生活は嘘のようにさえ思える。そう、二度とダモンに会わなければいいだけ…。ある日サラは、ボーイフレンドのジュリアンが、こともあろうに彼女の部屋で女性と密会している現場に出くわす。思わず取り乱し、走り去ろうとして、逞しい男性の体にぶつかった。ダモン―私の夫。なぜ彼がここに?サラを追いかけてきたジュリアンに向かってダモンは言い放った。「僕はサラの新しい愛人だ」愛人?いったいどういうこと。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ウォーカー,ケイト
イングランド中部ノッティンガムシャーの生まれだが、ブロンテ姉妹の生地ヨークシャーで育った。ウェールズ大学、大学院に学び、ブロンテ姉妹の研究で修士号を取得した。児童館の司書から出発し、息子の誕生を機に作家活動を開始した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

美容外科> <横浜関内リラクゼーションサロンDIO> <東京ぶらぶら> <高収入バイト情報> <墨田区紀行> <ハロー!江東区!> <鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」> <電子たばこ> <鶯谷・うぐいすだに> <GOGO!江戸川区!> <台東紀行> <千葉の印刷なら千代田印刷> <台東クラブ> <幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク> <日暮里 鶯谷 上野 ニュース> <アキバ中毒のページ
ROSIBUN> <サワークリームのカオリ

ooo夏はプールだ千葉特集ooo AKIBA-JUNKooo 千葉の滝さがしドットコムooo シブヤをよく知る為のサイトooo 千葉ちゃんパパの公園散歩ooo ベビー、キッズ、マタニティ.コレクションooo GO!GO!九十九里!海水浴は九十九里で決まり!ooo アイスが食べたいお年頃@千葉ooo 墨田区紀行ooo 甘いお菓子の街千葉ドットコムooo 台東紀行ooo リネージュIIクロニクル5ooo 山手線エリアで味わえる庶民の味!BQグルメooo 千葉の醤油ooo 週末お出かけマップアンドパーク千葉ooo 100均より安いooo ジューシーな肉料理ooo Simple Smoker(シンプルスモーカー)ooo カフェの歴史から千葉のカフェ紹介まで☆★カフェ千葉★☆ooo 国家の要!千代田区ooo