ハーレクイン・ロマンス

ロマンスといえばハーレクインシリーズ、その中でもハーレクイン・ロマンス。これを読まずに眠れない。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

三年目の嘘 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
アビーは世界をまたにかける報道写真家で、賞も獲得し、その世界で名を馳せつつあった。だが、そんなアビーにも気がかりが一つ―夫グレイとの関係だ。彼は頭の切れる弁護士で、しかもハンサムこの上ない。二人とも、アビーが成功するまでは別々の生活にも耐えるつもりでいた。しかし三年たつと、離れ離れの時間が二人に重くのしかかる。ある日、取材旅行はやめて子供を作ろうと決心して帰国したアビーを、思いがけない事件が襲った―夫に愛人がいる。しかも子供まで。これを世間にばらせば、夫に復讐できる。夫に未来はない。だがアビーはすんでのところで思いとどまった。私が去ればいい。仕事を理由に海外へ逃れたアビー。けれどなぜか彼は追ってきて…。

うわべだけの結婚 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
妹夫婦が事故で死んだ事実を受け入れられないまま、キャサリンはひとり、病院の待合室にたたずんでいた。そのとき、リコ・マンチーニが現れ、彼女は動揺した。リコに会うのは、妹夫婦の結婚式以来だ。あの日、妹の夫の兄であるリコに熱いまなざしで見つめられ、男性に慣れていないキャサリンは舞い上がってしまった。だがその数時間後、リコは態度を一変し、彼女をはねつけたのだ。リコは赤の他人に接するかのように、妹夫婦とその遺児リリーについて説明するようキャサリンに求めた。そしてさらに、信じがたい提案を持ちかけた。

内容(「MARC」データベースより)
妹夫婦が事故で死んだ事実を受け入れられないまま、キャサリンはひとり、病院の待合室にたたずんでいた。そのとき、妹の夫の兄であるリコが現れ、彼女は動揺した。彼に会うのは、妹夫婦の結婚式以来だ。あの日…。

臆病な救世主 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
トム・ブラッドレーは油井火災の鎮火にあたるスペシャリスト。“地獄の戦士”と呼ばれる危険きわまりない仕事についている。家族とか人との交わりは真っ平の彼にとってはまさに天職といえた。その日、休暇中の彼は飛行場に向かって車を走らせていた。周囲には放牧地が広がるばかりで人影もない一本道を行く途中、思わぬ衝突事故を引き起こしてしまう。相手の車を運転していたのは若い女性。妖精を思わせる美しい顔立ちで…臨月の身だった。彼女は大丈夫だと言い張って病院行きを頑なに拒み、家族のことをきくと、さっと人を寄せつけない表情になった。でも、生まれそうだ。いったい、どうしたら…。トムは否応なしに、いちばん避けていた領域に踏み込むことに。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
レノックス,マリオン
オーストラリアの農場で育ち、ロマンスを夢見る少女だった。医師との結婚後、病院を舞台にしたロマンス小説を書くことからスタート。現在はハーレクインの常連作家として、作品の舞台も多様になり、テンポのよい作品を発表して多くの読者を得ている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

屈辱のレッスン (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
モデルとして活躍中のアリシャに大きな仕事の話が持ちかけられた。有名化粧品会社のキャンペーンガールにどうかという打診だ。まだ最終候補の段階だが、正直なところアリシャの気は重い。依頼主が、写真家で広告代理店主のロス・エリオットだったからだ。五年前、スーパーモデルを夢見ていた十七歳のアリシャは、ロスのスタジオに行き、お金をちらつかせてカメラテストを受けた。そんな彼女に反感を持ったロスの要求は厳しかった。セミヌードにされ、唇まで奪われて、アリシャは逃げだした…。あのロスから声がかかるとは、運命のいたずらとしか思えない。気が進まないまま、アリシャは面談の場所に出向いた。契約があまりに早く決まり、彼女はほかの候補者のことを尋ねる。「候補者リストなんてものは最初からないよ」ロスはあっさり答えた。彼はアリシャへの依頼をはじめから決めていたのだ。でも、なぜ―。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
マッカーシー,スーザン
ロンドン郊外で育ったが、結婚を機にイングランド西部のシュロップシャーに居を構え、たくさんの犬や猫に囲まれた田園生活を楽しんでいる。趣味の旅行に出かけるたびに、家が恋しくなるという。作家活動のかたわら、社会人教育にも携わっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

赤いばらは愛 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
内戦の続くアフリカのある国の村の病院が反政府ゲリラに攻撃され、国際援助機関から派遣されていた看護婦のサマンサは負傷した。同じ病院に医師として勤務する夫ベンは即死…。爆破された病棟から危険を冒して彼女を助け出してくれたのはジャーナリストでベンの友人、ジョシュ・ハミルトンだった。サマンサと夫との間には深い溝があり、彼女の妊娠をきっかけに子供を望まないベンは離婚を切り出していた。そんなとき夫が亡くなり、2重のショックを受けたうえに妊娠しているサマンサはイギリスへの帰国を命じられた。だが帰国するには交通の便のとだえた村から飛行場のある町まで危険の多いサバンナを横断していかなければならない。1週間後、退院した彼女の前に再びジョシュ・ハミルトンが現れた。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ロス,キャスリン
ザンビア生まれのイギリス育ち。現在はランカシャー、アイリッシュ海に面するブラックプール郊外に住んでいる。ビューティー・セラピストとしても活躍する異色の作家。旅行が大好きで、多くの国々を訪れた。社交的で明るい射手座の女性(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

楽園行き片道切符 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
マックスは妹の派遣会社から来る秘書の無能ぶりにいら立っていた。妹の思惑はわかっている―能力ではなく容姿で女性を選び、妻の死以来、仕事に凝り固まってしまった兄の心をほぐそうというのだ。こうして次々と魅力的な秘書が送り込まれてくるが、マックスが求めているのは速記のできる有能な秘書だ。再三の要求に根負けして、妹はジリーという女性を派遣してきた。ジリー・プレスコット、二十一歳、ニューカッスル出身、速記能力は抜群…ただし、地味で、あか抜けない田舎娘。一方、ジリーはロンドンで臨時秘書の職を得たことを喜び、幼なじみのリッチーとの再会をひそかに期待しながら、マックスが待つオフィスへ向かった。持ち前の率直さとユーモアのセンスを頼りに厳しいボスのもとへと。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
フィールディング,リズ
イングランド南部バークシャー生まれ。20歳のときアフリカに渡り、秘書の仕事に就いた。土木技師と結婚し、その後10年間をアフリカと中東で暮らす。夫は激務で、彼の帰宅を待つ長い時間、ものを書いて過ごすうちに作家の道に。現在はイングランドに戻り、ウェールズに住んでいる。夫とのあいだに2人の子供がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

五つ星のプレイボーイ (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
勇気を出すのよ。父が遺したホテルを存続させるには、資金援助がどうしても必要なのだから。オパールは自分を奮い立たせ、国際ホテルチェーンのオーナー、ドメニコのもとを訪れた。だが彼の強烈な魅力に対峙したとき、勇気はしぼんだ。それでも、なんとか熱意は伝わり、援助に興味を示してもらえた。彼女を執拗に観察していたドメニコはいきなり言った。「見た目と同じように、君の唇はいい味がするのだろうか」。彼の唇がかすめたとたん、オパールはその場を逃げ出した。プレイボーイとは絶対に関わりたくない理由があったから。

内容(「MARC」データベースより)
父が遺したホテルを存続させるため、オパールは勇気を出して国際ホテルチェーンのオーナー、ドメニコのもとを訪れた。彼女を執拗に観察していたドメニコの唇がかすめたとたん、オパールはその場を逃げ出した…。

赤いばらは愛 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
内戦の続くアフリカのある国の村の病院が反政府ゲリラに攻撃され、国際援助機関から派遣されていた看護婦のサマンサは負傷した。同じ病院に医師として勤務する夫ベンは即死…。爆破された病棟から危険を冒して彼女を助け出してくれたのはジャーナリストでベンの友人、ジョシュ・ハミルトンだった。サマンサと夫との間には深い溝があり、彼女の妊娠をきっかけに子供を望まないベンは離婚を切り出していた。そんなとき夫が亡くなり、2重のショックを受けたうえに妊娠しているサマンサはイギリスへの帰国を命じられた。だが帰国するには交通の便のとだえた村から飛行場のある町まで危険の多いサバンナを横断していかなければならない。1週間後、退院した彼女の前に再びジョシュ・ハミルトンが現れた。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ロス,キャスリン
ザンビア生まれのイギリス育ち。現在はランカシャー、アイリッシュ海に面するブラックプール郊外に住んでいる。ビューティー・セラピストとしても活躍する異色の作家。旅行が大好きで、多くの国々を訪れた。社交的で明るい射手座の女性(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

思いは炎のように (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
祖父の死の直後、十年ぶりに故郷に戻ったアレクスを迎えたのは、母親のいとこにあたるヨークの疑いに満ちたまなざしだった。髪の色がすっかり変わり、美しく成長したアレクスを、祖父の遺産を狙う偽者ではないかとヨークが疑うのも無理はない。一方アレクスにしても、けっして楽しい帰郷ではなかった。祖父もヨークも、母を屋敷から追い出した非情な男たちだったから。アレクスはいまさら遺産を相続する気などなかったが、母にかかわる大事な手紙を見つけるため、屋敷に滞在することにした。でも、そう決めたのは間違いだったかもしれない。少女のころ、ヨークにキスされた記憶はいまもなまなましい。彼が近くに来ただけですぐに反応してしまう自分を、アレクスはどうすることもできなかった。そしてヨークも、それを知っているかのように唇を重ねてきた…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
パワー,エリザベス
イングランド南西部最大の都市で、古い歴史を持つ港町ブリストルに生まれ、現在は、この町に三百年前に建てられたコテージに夫とともに暮らしている。読書家で、作家を志したのは十代のころ。たいへんな動物愛好家。ヴェジタリアンでもある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

三年目の嘘 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
アビーは世界をまたにかける報道写真家で、賞も獲得し、その世界で名を馳せつつあった。だが、そんなアビーにも気がかりが一つ―夫グレイとの関係だ。彼は頭の切れる弁護士で、しかもハンサムこの上ない。二人とも、アビーが成功するまでは別々の生活にも耐えるつもりでいた。しかし三年たつと、離れ離れの時間が二人に重くのしかかる。ある日、取材旅行はやめて子供を作ろうと決心して帰国したアビーを、思いがけない事件が襲った―夫に愛人がいる。しかも子供まで。これを世間にばらせば、夫に復讐できる。夫に未来はない。だがアビーはすんでのところで思いとどまった。私が去ればいい。仕事を理由に海外へ逃れたアビー。けれどなぜか彼は追ってきて…。

美容外科> <横浜関内リラクゼーションサロンDIO> <東京ぶらぶら> <高収入バイト情報> <墨田区紀行> <ハロー!江東区!> <鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」> <電子たばこ> <鶯谷・うぐいすだに> <GOGO!江戸川区!> <台東紀行> <千葉の印刷なら千代田印刷> <台東クラブ> <幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク> <日暮里 鶯谷 上野 ニュース> <アキバ中毒のページ
ロマンス天国〜シルキーシリーズ> <オススメ!エスホラ!

oooスーパーシガレット/SuperCigaretteooo 裏千葉ラーメン戦線異状なしooo 100均より安いooo 原宿をもっと知ってほしくて…ooo ガシャポン戦死!ooo 千葉市のプール一覧ooo リネージュIIクロニクル5ooo 千葉っ子の初詣情報!!ooo 風呂の事ooo 千葉特産!農業!林業!水産!民芸!工芸!加工食品!郷土料理!ooo うまい米@千葉ooo ぶんか千葉!千葉県の文化情報配信中!!ooo 春日ちゃんのお散歩マップooo 千葉を中心としたの潮干狩り場・潮干狩り情報をご紹介する~ちば潮干狩り.COM~ooo 千葉文化ぶんか!ooo マージャン大好き麻雀@千葉ooo 天国的お魚の道@千葉ooo カフェの歴史から千葉のカフェ紹介まで☆★カフェ千葉★☆ooo リネージュIIクロニクル インタールードooo 千葉県の民俗・風俗ooo