ハーレクイン・ロマンス

ロマンスといえばハーレクインシリーズ、その中でもハーレクイン・ロマンス。これを読まずに眠れない。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

目覚めたら恋人同士―美しき報復〈2〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
十数年前に若くして夫を亡くしたアンナは、中世の香り漂う町で、女友だちに恵まれ、地味だけれども心穏やかに暮らしていた。ある日、彼女の家に、ひとりの魅力的な男性が訪ねてきた。彼はウォード・ハンターと名のり、初対面のアンナに対して、ジュリアンという男と組んで弟を騙した女詐欺師となじる。私自身がその男に大金を持ち逃げされた被害者なのに。アンナが言い返す間もなく、彼は憤然と立ち去った。同じ日の夕刻、再びアンナの家に出向いたウォードは、頭を怪我して倒れている彼女を発見し、救急車を呼んだ。アンナは病院で意識を回復するが、付き添った彼を恋人と思い込む。記憶を失ったらしい彼女を、ウォードはなぜかほうっておけず、互いに相手を誤解したまま、二人の奇妙な同棲が始まった…。ペニー・ジョーダン四部作。財産目当てに女性を渡り歩く男に罰を下す四人の美女の物語。

愛を見つけた航路 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
モデル派遣事務所を経営するゲリー・デイカは、同居人カーラの紹介で、ブリンという男性と知り合った。ブリンは貿易商で、太平洋上の産物を売買しているらしい。ゲリーが休暇中だと聞いたブリンは彼女に短期間の仕事を持ちかけた。ポリネシアの小島に赴き、植物を編んで作った名産品の帽子について、最近売り上げが落ちてきた原因を調査してほしいという。熱帯の島で休暇を過ごせるならと、ゲリーは仕事を引き受けた。さっそく島に渡ったゲリーだが、次の日カーラから、事務所でトラブルが発生したからすぐに帰ってほしいと緊急電話が入る。ブリンに相談すると、彼はクルーザーで途中まで送ると言ってくれた。次の朝珊瑚礁の中で思いもかけないことが待ち受けているとも知らず、ゲリーは彼に感謝してクルーザーに乗りこみ、眠りについた…。

異国のドクター (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
父が事故に遭い、意識不明の重体―突然の知らせを受け、ダニエルは父のいるイタリアへ向かった。決して仲のいい父娘とは言えず、息子を望んでいた父が、愛情を向けてくれたためしはない。でも母を亡くした今、たったひとりの肉親なのだ。ダニエルは我が身も顧みず、不眠不休で病床につき添った。そんな彼女を優しく支えてくれたのは、父の主治医カルロ。ときに独善的だけど、イタリア一の腕を持つ魅力的なドクターだ。ダニエルは、日増しに強くなるカルロへの好意を抑えようとした。彼の心に自分が入る隙間などないと、知っていたから。

内容(「MARC」データベースより)
父が事故に遭い、意識不明の重体-。突然の知らせを受け、父のいるイタリアへ向かったダニエルは、我が身も顧みず不眠不休で病床につき添った。そんな彼女を優しく支えてくれたのは、父の主治医カルロだった…。

苦い別離 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
「ぼくたちは、やり直すべきだ」突然現れた別居中の夫ジェレドの言葉に、テレーザはうろたえた。わたしが家を出て一年半もたつというのに、いまさら会いに来て、そんなことを言いだすなんて!ふたりは出会ったとたん恋に落ち、三カ月後には挙式した。しかし、幸せな結婚生活は長くは続かなかった。夫には愛人がいたのだ。こちらを見つめる彼の瞳にはまだ情熱が宿っているけれど、わたしはもうこれ以上傷つきたくない。テレーザは彼から逃れようと、一歩あとずさった。

内容(「MARC」データベースより)
突然現れた別居中の夫ジェレドにやり直そうと言われ、テレーザはうろたえた。ふたりは出会って3ヵ月後には挙式したが、幸せは続かなかった。夫には愛人がいたのだ。もうこれ以上傷つきたくない。テレーザは一歩あとずさった。

暁の女神 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
高校を終えたばかりのエリカは、憧れのレイフと思いが通じ、誰もがうらやむような幸せの絶頂にいた。あの日までは。その日、エリカはプロポーズされた。信じられない喜びだった。そして彼は言った―子供はたくさんほしいね、と。だがそれは、エリカが叶えてあげられない願いだった。子供ができない体であることをどうしても彼に告げられず、悶々としていた矢先、エリカは彼の裏切りの現場を目撃する。彼が、エリカの義理の母親と…?エリカは逃げるようにしてスイスの大学へ進学した。そして五年。製薬会社を経営する父親が裁判で窮地に立たされたとき、目の前に現れたのがレイフだった。条件次第で父を助けるという。彼の出した条件とは…。

愛が舞い降りる聖夜―情熱の国の人 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
竜巻のように激しく情熱的な男性。アロンソは、内気で臆病なソフィーにとってあまりに危険だった。だから彼の求愛から逃れ、もっと安全な男性と結婚した。夫には心から愛されなかったけれど。それにしても、夫が何者かに殺されて二年がたった今、アロンソが再び現れるなんて。惨めだった結婚生活が終わり、お金にも困っている現状を見られるのはつらい。そしてソフィーを見つめる彼の瞳は変わらずに訴えるのだ―きみはずっとぼくのものだ、と。

内容(「MARC」データベースより)
激しく情熱的なアロンソは、内気で臆病なソフィーにとってあまりに危険だった。だから彼の求愛から逃れ、もっと安全な男性と結婚した。それにしても、夫が何者かに殺されて2年がたった今、アロンソが再び現れるなんて…。

プリンセスを演じて―地中海の宝石〈2〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
便宜上の結婚のはずが、愛なきロイヤルウエディングに…。南太平洋に浮かぶ独立したばかりの島国サントローザに、ローレンは工場の視察に訪れた。ところがそこに行くのは危険だと、ギイという謎の男性に止められる。無精髭を生やし、着古した服に身を包んでいても、彼には人を従わせずにはおかない威厳が備わっている。ローレンは視察をあきらめるが、折も折、暴動が起こり、着の身着のまま空港に駆けつけざるをえなくなった。空港管理官は、パスポートなしでの出国は無理だと言い張るのみ。刻々と危険が迫るそのさなか、ギイの驚くべき言葉が響いた。「ぼくたちを結婚させてくれ。ぼくが彼女の保証人になる」。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ドナルド,ロビン
ニュージーランド北部の家に、生まれる。十五歳で師範学校に学び、十九歳で結婚、同時に小学校の教師となる。子育てを終えて一時休んでいた教職に戻り、かたわら執筆を始めた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

不本意なゲーム (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
南フランスのホテルで休暇を楽しむキャシーのもとに、勤め先の新聞社の編集長から急な電話がかかってきた。有名作家のピアース・ティローンがホテル近くの別荘にいるので、彼に会って、インタビュー記事をものにしろと言う。ピアースは美人女優ジョディ・スターリングと熱愛中と報じられていた。ところがジョディは最近交通事故で瀕死の重傷を負い、九カ月前に未婚で産んだ娘が彼の別荘に送りこまれたらしい。子供の父親がピアースだと判明すれば、大スクープだ。マスコミ嫌いで有名な彼が取材に応じるとは思えなかったが、別荘を訪ねたキャシーは意外なほど簡単に中へ通される。彼女を出迎えたピアースはいきなり遅刻を責めはじめた。キャシーはその日到着する予定のナニーと間違えられたのだ。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ロス,キャスリン
ザンビア生まれのイギリス育ち。現在はランカシャー、アイリッシュ海に面するブラックプール郊外に住んでいる。ビューティー・セラピストとしても活躍する異色の作家。旅行が大好きで、多くの国々を訪れた。社交的で明るい射手座の女性(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

誤解に満ちた出会い (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
悪路に車を走らせていたジョアンは、急ブレーキをかけた。行く手に男が立ちはだかったのだ。男はいきなり運転席のドアを開け、彼女を手荒に車から降ろすと、武器を隠しているはずだと身体検査を始めた。あげくに、おまえは連中の情婦だろうとののしった。でも、乱暴な言葉遣いのわりには良家の出身者特有のアクセントがあるし、着ているものも上等だ。ジョアンは人違いだと必死に訴えた。「寝返るべきだな。ぼくの情婦になるほうがずっと有利だ」。男は耳を貸そうともせずに言った。

内容(「MARC」データベースより)
悪路に車を走らせていたジョアンは、急ブレーキをかけた。行く手に男が立ちはだかったのだ。男はいきなり運転席のドアを開け、彼女を手荒に車から降ろすと、武器を隠しているはずだと身体検査を始めた…。

プリンセスを演じて―地中海の宝石〈2〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
便宜上の結婚のはずが、愛なきロイヤルウエディングに…。南太平洋に浮かぶ独立したばかりの島国サントローザに、ローレンは工場の視察に訪れた。ところがそこに行くのは危険だと、ギイという謎の男性に止められる。無精髭を生やし、着古した服に身を包んでいても、彼には人を従わせずにはおかない威厳が備わっている。ローレンは視察をあきらめるが、折も折、暴動が起こり、着の身着のまま空港に駆けつけざるをえなくなった。空港管理官は、パスポートなしでの出国は無理だと言い張るのみ。刻々と危険が迫るそのさなか、ギイの驚くべき言葉が響いた。「ぼくたちを結婚させてくれ。ぼくが彼女の保証人になる」。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ドナルド,ロビン
ニュージーランド北部の家に、生まれる。十五歳で師範学校に学び、十九歳で結婚、同時に小学校の教師となる。子育てを終えて一時休んでいた教職に戻り、かたわら執筆を始めた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

美容外科> <横浜関内リラクゼーションサロンDIO> <東京ぶらぶら> <高収入バイト情報> <墨田区紀行> <ハロー!江東区!> <鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」> <電子たばこ> <鶯谷・うぐいすだに> <GOGO!江戸川区!> <台東紀行> <千葉の印刷なら千代田印刷> <台東クラブ> <幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク> <日暮里 鶯谷 上野 ニュース> <アキバ中毒のページ

ooo千葉とんかつooo 千葉県の施設ooo ニコレスタイルmismo(ミスモ)ooo 豆千葉ドットコムooo ジューシーな肉料理ooo 新型インフルエンザマスクooo 将棋好き好き@千葉ooo リネージュIIクロニクル インタールードooo 原宿をもっと知ってほしくて…ooo リネージュIIクロニクル1ooo 墨田区紀行ooo 千葉のちょっといい景色ooo GO!GO!九十九里!海水浴は九十九里で決まり!ooo 生活、インテリア.コレクションooo 千葉の城下町 千葉市のお城探訪!ooo ハロー!江東区!ooo ~品川の街~ooo 千葉ビーチONLINE! 館山、勝浦、鴨川、南房総、御宿、九十九里のビーチ情報!ooo 日本蕎麦ならぬ千葉蕎麦!ooo 神奈川いいとこじゃん!ooo